明石元二郎『顕彰碑』の建立   福岡県郷友連盟

郷土の偉人明石元二郎の世界史的偉業を後世に伝えるための『顕彰碑』建立事業へ皆様のご支援とご協力をお願いします!!

■建立趣旨
福岡県郷友連盟では、郷土の偉人を次代に継承する事業の一環として、有志の方々のご理解とご協賛を得て令和3年度『陸軍大将・第七代台湾総督明石元二郎顕彰碑』建立事業を推進いたします。
私たちは郷土愛の萌芽は郷土史を学び、郷土が生んだ偉人の事績を理解することに始まり、それは愛国心の涵養につながると確信するものであります。特に『明石元二郎』は世界史に記録される偉大な業績を上げながら、生誕の地福岡でも忘れられた存在です。
私たちは、世界でそして友邦台湾で高く評価される『明石元二郎』を、誇るべき郷土福岡の偉人、先達として後世に伝えるために顕彰碑を建立いたします。皆様のご支援とご協力をお願いします!
     令和3年8月吉日
         主催者代表・福岡県郷友連盟会長 吉田邦雄

  明石元二郎『顕彰碑』の建立 (PDF)

                   



               靖国神社御創建150年記念事業へ奉賛

 平成30年11月26日に、寺島会長以下役・職員一同で靖国神社に出向き、皆様からの浄財70万円を納めてまいりました。
下の写真は、寺島会長が山口靖国神社宮司より感謝状をいただくところと、その感謝状です。
ご協力ありがとうございました。

          

          



戻る